江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
過去の自分に悩んでいる方へ、
江原啓之さんがどんなことも今の方が重要という話や、
整形をカミングアウトするタイミングに
悩んでいる方へアドバイスされています。

 

 

江原啓之「どんなことも今の方が重要!?」

 

 

最近、自分の性格について少し気になるようになりました。
今思えばとても恥ずかしいのですが、
私は中学1年生の頃は考え方が幼くて、
ヤンチャな部分が多く、
周りの人からは少し怖い、
近寄りがたい存在だと思われていたのではないかと思います。

 

 

OOK9V9A6914_TP_V

 

 

しかし、中学校2年生になってからは、
周りのお友達の影響もあって、
かなり性格が丸くなってきたと自分でも思います。

 

 

 

これから先の大学生、就職となっていった時に、
昔と今の性格が違う人は、
周りからどう思われるのでしょうか?

 

 

 

やはり、性格がいい方に変わっても、
昔の悪かった印象だけが残っていってしまうのでしょうか?

変な悪い噂として広まっていってしまうのが怖いです。

 

どうかアドバイスお願いします。

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

大丈夫です。過去のことは、
笑い話になります。

どんなことも、今の方が重要なのです。

 

 

 

だから、今から先のことを怖がらないでください。
あまり気にしなくてもいいんじゃないかなと思います。

今の自分に、自信を持ち、
ちゃんと胸を張って生きられるようにするべきではないかと思います。

 

 

感想!?

 

 

昔はヤンチャをしていて時を経て性格が丸くなる人は相談者の方だけでなく、

沢山いると思うので私も気にしなくて大丈夫なんじゃないかなと思いました。

 

 

 

就職するときだって面接するのは今の自分なのだから、
その様子を見て選んでくれるのだから。

 

 

 

江原さんがおっしゃっていたようにあまり気にせず、
自信をもって胸を張っていけるようにしたらいいなと思いました。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之「気にする気持ちがいけない!?」

 

 

私はずっとコンプレックスがありました。
それは一重だということです。

 

 

学生時代、可愛い有名人が大好きになって、
こんな人みたいになりたいと思いはじめ、
目に二重になるテープを貼ったり、
目にリップクリームを塗ると二重になるという、
今考えればそんなことあるはずないのに、
デマも信じ、一生懸命やっていました。

 

 

IMARIC20160805310323_TP_V

 

 

整形をしたいと考えたのは、
大学の時です。

両親は私の気持ちを理解してくれて賛成してくれました。

 

 

 

本当に感謝しています。
残念ながら一回目は失敗に終わり、
あきらめきれず二回目も挑戦。

 

 

 

見事、理想の目になり、
人から可愛いと言われるようになりました。

 

 

嬉しいような複雑な心境もあります。
でも、いざ考えてしまうのは、
これから好きになって付き合う人に、
いつカミングアウトするかということ。

 

 

元彼は、許してくれる寛大な方でした(別れてしまいましたが)。

フッと思う時、カミングアウトすることが怖くてたまりません。

 

 
まだ彼氏はできていないのに、
モヤモヤしていて、
この不安な日々をなんとか乗り越えたいです。
どうしたらいいでしょうか?

 

 

どうかアドバイスお願いします。

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

なぜ、カミングアウトしなければならないのでしょう。
昔の写真と違うからかな。
昔は一重だったけど、年を取ったら二重になる人もいますよ。

 

 

そう言い通せばいいじゃない。
私も普段は一重ですが、
疲れると奥二重になります。

 

 

全然、気にすることなんてないんです。
気にする気持ちがいけない。

 

 

けれど、そう思ってしまうあなたの性格が
とっても可愛いと思いますよ。
これからは自然に二重になったと、言い張ってくださいね。

 

 

感想!?

 

 

本当のこと言なくていいの?ってびっくりしました。

整形したことをずっと隠していると
相談者の方が隠しているという罪悪感みたいなものが
あるのだとしたら楽しく恋愛出来ないと思うから。

 

 

 

私はお付き合いし始めたころに
ちゃんと言った方がいいんじゃないかなと思いました。

 

 

見た目で選んでないのだとしたら気にしないかもしれないし、

本当のことを知って別れてしまうような人なら
それまでだったということ。

 

 

とわりきれるなら正直に話してみるのも
いいのかなと私は思いました。