江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
大好きな友人に距離をおかれてしまった方へ、

 
江原啓之さんが愚痴を言う人は、
愚痴エナジーが満ち満ちるから辛くなってくると
アドバイスされています。

 

 

江原啓之「愚痴を言う人は愚痴エナジーが満ち満ちるから辛くなってくる!?」

 

 

昨年末に悲しいことがありました。
それは、とても大好きな友人に距離をおかれてしまいました。

 

 

私は共通の友人A子さんのことが嫌いで、
大好きな友人にいつも愚痴を聞いてもらっていたのです。

 

 

miuFTHG2166_TP_V

 

 

優しくて楽しい友人だったので、
つい甘えて愚痴を聞いてもらっていました。

 

 

年末にさりげなく距離をおかれてしまい、
ショックでしたが、やっとその意味に気が付きました。

 

 

私は昔から江原さんが大好きで、
本も何冊か読ませていただき、
テレビ・ラジオでは心にしみるお話を聞かせていただいてわかっていたはずでしたが、

 

友人に距離をおかれ嫌われて初めて自分が「自己憐憫」感情で動き、
理性を失っていたと言うことに気がつきました。

 

 

 

友人にはとても嫌な思いをさせてしまったと大変申し訳ない気持ちと「そーなるよね」と、
自分が友人にしてきたことにがっかりしています。

 

 

 

散々、ラジオ等で聞いてわかっていたはずなのに、
第三者でいる時は「そーだよ、そーなるよ」と思いつつ、
いざ自分だと、自分が可哀想になって、
つい愚痴をたくさん言ってしまっていたんです。

 

 

 

結局最終的に友人に愛想つかされましたが、
初めて身にしみてわかりました。

 

 

主人、子ども、母、昔からの友人など周りの人達への接し方などこれからは改めていきたいなと思いました。

 

 

きっとすぐには変われませんが、ほんの数ミリでもいい。
自分自身が成長ができれば、
先は大きく変わっていけるかなと思いました。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

まず「ほんの数ミリでもいい」というのはダメ。
もっと変わろうと思わないと。

 

 

変わろうと思ってから「数ミリなんだな」という反省をするのはいいですけどね。

 

 

自分にとても甘い。ここに自己憐憫がある。

 

 

愚痴を言う人は、
愚痴エナジーが満ち満ちるから辛くなってくるんです。

 

 

人間だから愚痴は言ってしまうでしょう。
愚痴を言ったことに気が付いたら、

 

その倍、楽しい話をするように心がけてみましょう。
それがひとつのお祓いになるのですから。

 

 

感想!?

 

 

大好きだった友人が相談者さんから離れてしまったということは、よっぽど友人Aさんの愚痴を言っていたのかなと少し驚きました。

 

 

愚痴は言うのも聞くのも良いものじゃないと分かっていながらも実際は聞いてくれる友人の優しさに甘えて度を過ぎて愚痴を聞いてもらいすぎたんでしょうね。

 

 

友人のお陰でこれから気をつけようという気持ちが芽生えている今、変われる最大のチャンスだと思うので身近な人、
旦那さんや友人に対して態度を改めポジティブなことを口にするように心がけてほしいなぁと思いました。