江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
大学の先生に片想いをしている方へ、
江原啓之さんが辛いというのも心の栄養になると
アドバイスされています。

 

 

江原啓之「辛いというのも心の栄養になる!?」

 

 

突然ですが、私は大学の先生に片想いをしています。
講義を聞いているだけで、直接話したことはほとんどありません。

 

 

yuka16011201IMG_5612_TP_V

 

 

勉強に関するちょっとした質問をしただけなのですが、
その時に好きになってしまいました。

 

 

中学・高校・大学と女子校で、
恋愛経験が全くないからなんとも言えないのですが、
以前は、講義を聞いているだけで幸せな気持ちになれたのですが、
最近は、先生のことを考えてしまうと頭から離れなくなり、
どうにもならない状態が辛いです。

 

 

 

授業中もなぜだか先生の顔を直視することができません。

 

 

ただ、先生への想いだけではなく、
日々の生活で辛いことが重なり、
それを忘れる為に先生のことを想っているのかもしれないです。

 

 

 

本当の自分の気持ちがはっきりせず、
毎日もやもやしながら日々を過ごしています。

 

 

自分の気持ちにどう折り合いをつければいいのか、
なにかアドバイスがあれば教えてほしいです。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

今がきっと、あなたの初恋なのでしょうね。
先生を好きになってもいいんじゃないかな。

 

 

恋愛に遅いも早いもないんですから。

 

 

成人を過ぎてから、本当に人を愛する気持ちに目覚めたという人もいるし、
若い時は形だけということもあるんだから。

 

 

 

彼氏、彼女という言葉や一緒にいるということ自体が好きだったりする人もいるし。

 

 

そういうこともあるので、
まったく急ぐ必要もありません。

 

 

人を好きになるというのはとても良いこと。

 

辛いというのも心の栄養になります。

 

 

今回の場合ネガティブな辛いではなく、
ポジティブな辛いですからね。
だからこの恋愛を楽しんでくださいね。

 

 

感想!?

 

 

大学の先生に質問をしただけで恋をしてしまったんですね。

よっぽど素敵な先生だったんですね。

 

 

絶対に実らないという訳ではないと思うので、
自分の気持ちに正直になってこれからどうしたらよいかよく考えた方が良いんじゃないかなぁと思いました。

 

 

 

教師と生徒が結婚したという話も聞いたことがあるので諦めないでほしいなと思いました。