江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
お金が貯まらない方へ、
江原啓之さんが金運にだって知恵がいると
アドバイスされています。

 

 

江原啓之「金運にだって知恵がいる!?」

 

 

私は9つ上の夫と5歳の息子、
もうすぐ1歳の娘の4人家族で、
幸せにくらしています。

 

 

じゃあ相談なんてないんじゃないの?と思われると思いますが、
聞いてみたいことがあり、
江原さんならどんなふうに回答してくださるかなー?という興味本位でご相談があります。

 

 

それはお金と御縁が薄いように感じていることです。
家のお財布事情は夫が管理してくれています。

 

 

CH9V9A0044_TP_V

 

 

稼いだお金は頑張って稼いだ人のものという感覚が私にあり、
家族を養う為に夫に稼いできてもらっているのだから、
夫から「これ今月の生活費ね」と頂戴するのが筋ではないかと思っているのです。

 

 

 

 

ですがお出かけの際のお会計でよくカードを使っているのが気になって、
何ヶ月か家計簿をつけてみたところ、
なんと我が家はギリギリのところで赤字運営をしていたのです。

 

 

 

 

今年のうちに娘を保育園に預けて、
私も今より多く働くから少しは家計も良くなると思いますが、
特に豪遊した覚えもないし、
夫もお酒も飲めなければ、
付き合いより家族の方が好きという人で、
贅沢なことは何ひとつしていないと思うのです。

 

 

 

 

でも月々コツコツと貯めるまでのお金はない、
子ども達にもいくらか残してあげたいと考えているのですが、
このままではそれも難しそうです。

 

 
何か金運につながる良いアドバイスなどお願い致します。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

金運につながると言っていることが、
まずダメなんです。ファジーなんです。
ファジーだからお金に縁がない。

 

 

あなたの言っていることは、
良い様にも聞こえるけれど、
自己憐憫責任転嫁依存心です。

 

 

全く知恵を使っていない。

 

あなたは旦那さんにぶら下がってただ生きているだけ。
あなたも働いているので、
本当の依存心ではないけれど、
金運につながるという甘いことを言っていてはダメなんです。

 

 

 

 

子どもを育てるのと同じで心を鬼にしてという言葉がある。
あなたのメールは、古風な人のように聞こえるけれど、
私はそうは思わない。

 

 

 

古風であるならば、例えばもう少し余剰のお金をくださいと夫に言って、
お金をもらって少し貯めるんです。

 

 

 

ヘソクリも自分の為ではなく、
いざという時の為のヘソクリは、
大我な愛だなと思うんです。

 

 

 

ただ夫に任せる任せきりというのが大我ではない。
あなたも一緒に一生懸命働いているから良い人だとは思いますが、
心を鬼にして、家族の為にやってみた方がいい。

 

 

 

甘えた気持ちの金運なんてまずありません。
金運にだって知恵がいるのです。

 

 

感想!?

 

 

相談者さんの気持ちが少し分かるなぁと思いました。

 

 

私は専業主婦なので主人の稼ぎでやりくりをしているのですが、
家計のことは、

すべて主人に任せきりにしてしまっているので良くないなぁと思いました。

 

 

 

金運に良い観葉植物を買ってお部屋に置いてみたり、
玄関掃除とお手洗いの掃除を毎日したりとしていますが、
私もしっかり知恵を使うべきなんだなぁと思いました。

 

 

へそくり作戦は参考にさせていただこうと思いました。