江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
人がズルする事に異常に腹が立ってしまう方へ、
江原啓之さんが必ず蒔いた種は自分に返ってくると
アドバイスされています。

 

 

江原啓之「必ず蒔いた種は自分に返ってくる!?」

 

 

私は人がズルする事に異常に腹が立ってしまいます。
先日、スーパーマーケットで菓子パンに付いているシール(某パンメーカーの○○パン祭のアレ!)だけを剥がし、
パンは買わずに棚に戻しているお婆さんを見つけました。

 

 

hawaiiDSC00240_TP_V

 

 

私はどうしても許せず、直接お婆さんに、
パンを買わずにシールだけ盗っちゃ駄目ですよと注意しました。

 
するとお婆さんは分かっとる!買うわ!とキレ気味にカゴに入れ、
そのまま早足で雑貨コーナーへ行ってしまいました。

 

 

 

私はこの婆さん、絶対パンを雑貨コーナーの棚に置いて逃げるだろうなと思い、
婆さんの後を追いました。

 

 

 

婆さんも追われているのに気付き、
婆さん逃げる!私追う!結局、店内を3周もしました。

 

 

 

そして私が根負けし諦め、
レジ係の人にこの出来事をチクりました。
お店の人はありがとうございます。

 

 
監視カメラで確認してみますねと言っていましたが、
私は、どうせ婆さんがしめしめと、
笑みを浮かべているかと思うとハンカチの隅を
キーーー!」と噛みたくなるくらい悔しい気持ちでした。

 

 

 

帰宅後、主人に出来事を話すと、
主人は本人に直接言ったのー?と少々驚いていました。
こんな私はおかしいのでしょうか…。

 

 

 

江原さんならおてんとう様は見てござる。
その婆さんには天罰がと言うのかなぁと思ったりもしますが。
江原さん、どう思います?
こんなにもイライラしてしまう私は変ですか?

 

 

アドバイスお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

残念ですが私は天罰がとは絶対に言いません。
天は見てござるですが、
自分自身に返ってくる・天に唾を吐くようなもの・因果の法則というのは同じこと。

 

 

 

だから罰が当たっているというのとはちょっと違うんです。
けれどこういう人、結構いますよね。
私の書籍にも付録が付いていたりするが、
それだけを盗っていく人もいるんですよ。

 

 

 

そういう人は書籍の中身が全然分かっていない。
レジ係の人にチクるというのが一番良い方法です。
そして必ず蒔いた種は自分に返ってくるんだからということで良いと思うんです。

 

 

 

ただ、こういう人を見て異常にズルい!と思うということは、
実は自分自身の映し出しでもあるんです。

 

 

ご自身がズルい出来事で酷い被害にあったなどということが、
もしかすると過去にあったのかもしれませんね。
人はそういうところで自己憐憫が出てしまうんです。

 

 

 

自分自身はそういった時にすごく損をしたという経験を、
このお婆さんにオーバーラップさせて見てしまう。
とても正義感もあるけれど、
そういうところも隠されているのではないか。

 

 

 

そういうのがない人の方が寛大にいけませんよと言って、
レジ係の人に一応ご報告をと言う。

 

 

後はスーパーが決めることなのであなたが追い詰める必要はないのです。

 

 

あなたは決して悪いことはしていない。
けれどそこまで感情的になるということに何か意味がある。
そこをご自身の学びに変えていかれたら良いかなと思います。

 

 

感想!?

 

 

そういうずるいというか、
世の中にはせこいことをする人がいるんですね。

相談者さんはとても正義感のある方なんだなぁと感心いたしました。

 

 

 

でももし私が見かけても絶対に注意出来ないしお店の人に、

チクるなんてことも出来ないだろうなぁと思いました。

 

 

そのスーパーにいた人も、見ている人がいる、
自分のやっていることは恥ずかしいことなんだ
ということに気づいて今後このようなことをしないことを祈るばかりですね。