江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
職場の方を好きになった方へ、
江原啓之さんが恋愛に限ったことではないが
出会うということは宿命とアドバイスされています。

 

 

江原啓之「恋愛に限ったことではないが出会うということは宿命!?」

 

 

私は42才独身です。恥ずかしながら、
この年で久しぶりに好きな人ができました。
相手は1年前に3か月ほど一緒に仕事をした人なのです。

 

 

S001_megane0320140830145957_TP_V

 

 

そのお仕事は大変な現場だったこともあって、
団結力が強く、私や相手の先輩も含め、
まるで家族のように親しく仲良くなりました。

 

 

相手は4才年下です。年下とは思えない感じで、
話しも上手で、場を盛り上げるのが上手な雰囲気イケメンとでもいいましょうか。
私が見る限り多分モテます。

 

 

 

でも相手の先輩曰く、見る目がないらしくて、
どうしようもない女性とばかり今まで付き合ってきたそうなんです。

 

 

せっかく仲良くなって間もない頃、
話しの流れで職場で彼女を探すつもりはないと言っているのを聞いてしまいました。

 

 

 

その時点でチャンスはもうない、
きっぱりあきらめようと思い、
叔父さんのススメで初めて勇気を出してお見合いをしました。

 

 

 

が、お見合い相手には大変申し訳ないのですが、
彼への思いがより強くなってしまいました。
たまに現場で会ったりメールをしたりしていますが、
最近彼も結婚を考えるようになったらしく、
数日前に今年中にどちらかが結婚出来たら、
負けた方が相手に30万円払うと言う謎のカケを持ちかけられました。

 

 

 

ダメ元で告白を考えていますが、
現場で会うこともあるのでもしノーだった場合、
気まずくなるのも辛く、
告白する勇気が持てず二の足を踏んでおります。
こんな意気地のない私にカツを入れてください。

 

 

アドバイスお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

人間力は、心の余裕や寛大さや面白さのことだと思う。
恋愛で行き詰まる人は大体、
実直で真面目過ぎる人が多いのです。

 

 

恋は駆け引きなんです。
相手が“職場で彼女を探すつもりはないと言ったということは、
もしかしたら、
何となく好意があることに気付いて防御された可能性もあるかもしれない。

 

 

けれど、お見合いをしてみて彼への想いがだんだん強くなってしまっているというのは、
せっかくの宿命をあなたが上手に料理ができていないかな。

 

 

もっと今の状況を楽しむべきなのです。

恋愛に限ったことではないが出会うということは宿命。

運命というのはそれをどうしたら良い関係にできるのかということ。

 
宿命は素材。運命は料理。

 

 

あなたの腕次第で、料理が美味しくも不味くもできてしまう。
あなたもある程度の人生経験がある。

 

 

相手が負けた方が相手に30万円払うなんて言ってきたら、

「え~!じゃあ自分が落とし前付ける!」と言えばいいんです。
その時に相手がどう反応するか一度見たらいい。

 

 

 

それでもいいよと言われたら、
脈があるかもしれない。恋の駆け引きなんです。

最近は、恋のゲームができない人が多くいますね。
いっぱいお勉強の為に恋愛映画を観たらいい。

 

 

 

 

言葉のやり取りで探り合っている。
人生に無駄なことなんてひとつもないので、
そういう訓練だと思っていっぱいしてみればいい。

 

 

 

明るさが大事。相手の出方を探って距離を詰めていく。
恋はホフク前進!せっかくならもっと楽しみ前へ進みましょう!
頑張ってくださいね。応援しています!

 

 

感想!?

 

 

いくつになっても人を好きになるというのは素敵なことだと思いました。

 

 

自分にチャンスが無いのが分かって諦めるためにお見合いをしてみたにもかかわらず、

より想いを寄せている人への気持ちが大きくなっていることに気づけたのは良かったんじゃないかなと思いました。

 

 

 

まだ告白もしていないようだし、
結果が分からないのに諦めてしまってはもったいないと思うのでぜひ勇気を出してアプローチしてみたらいいんじゃないかと思いました。

 

 

この恋が良い結果に結ばれると良いなと思いました。