江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
人は仕事をする為に生まれて来たのではなく
生きる為に仕事をしている話や、
弱い人間はプライドが高い話をされています。

 

 

江原啓之「人は仕事をする為に生まれて来たのではなく生きる為に仕事をしている!?」

 

 

半年前ぐらいに異動になり、
今まで30年ほどやっていた業務を離れ、
全く新しい仕事をするようになりました。

 

 

TRTM9834_TP_V

 

 

60歳の定年退職まであと数年にせまり、
今回の異動になりました。

 

 

わかりやすく言えば元いた部署の

戦力外通告または左遷ですが、
しかし前向きにとらえれば
新たなキャリアを積んで、
60歳以降も働くことのできるチャンスを
いただいたのかもしれません。

 

 

 

今はこの異動を前向きにとらえて、
60歳以降のキャリアも視野に入れて、
新たに資格取得にも挑戦したいです。

 

 

 

定年退職が近づいてくると、
つい守りの姿勢になりがちですが、
人生はまだまだ先は長い。

 

 

攻めの姿勢で取り組んでいきたいと
思います。

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

ポジティブで良いが
人は仕事をする為に生まれて来たのではなく、
生きる為に仕事をしている。

 

 

いずれ仕事を離れる時代がやってくるから
そんな時の為にも自分の楽しみとか
何か自分自身が充実するものを
見つけたら良いと思います。

 

 

どうしてもこの世代の方は
仕事に一生懸命専念してしまう。

 

 

これからは仕事の新たな挑戦と
自分の人生の地図を
ご覧になったら良いと思います。

 

 

 

スポンサーリンク