江原啓之さんが主人から離婚調停を
申請されている主婦へアドバイスや
一番大切なのは心が繋がっていると話されています。

 

 

離婚調停を申請されている主婦へ江原啓之がアドバイス!?

 

 

私は今、結婚1年と2ヶ月目ですが、
主人から離婚調停を申請されており、
今日1回目を終えました。

 

 

TAKEBE160224530I9A0481_TP_V

 

 

転勤族の主人について行く為、
住んでいたところも仕事も辞めて、
半年前慣れない土地へ越してきました。

 

 

越してきて、わずか3ヶ月目で、
離婚したいと言われました。

理由はとにかく一緒にいることが無理とのこと。

 

 

 

離婚しても帰る所も住む所もない。
それをどう考えているのか聞くと、
それは自分で勝手についてきただけであって、
あなたの責任ですと言われました。

 

 

 

私は離婚したくないので、
2回目の調停をしても不成立になると思っています。

でも私の執着が主人も私自身も苦しめているのかと
思う気持ちもあります。

 

 

 

離婚と言われる数週間前には、
手をつないで公園を散歩したりしていましたし、
小さな夢をテーマにカードに書くコーナーで、

永遠に妻と一緒に居たいと書いてくれていたりと、
ほんの少し前までそう言ってくれていた人が
そう簡単に気持ちが変わるのでしょうか?

 

 

そんなことは忘れて前に進んだ方が

お互いの為なのでしょうか?

 

何かアドバイスお願いします。

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

これは別れるべきですね。
勝手についてきただけで、
あなたの責任ですと言う言葉でもうその人が表れている。

 

 

ただあなたの勝手だけじゃなく、
双方の問題だから、
ちゃんと慰謝料などの責任を果たしてもらう。

 

 

 

こういう人を選んでしまった
あなたにも問題はある。

 

 

だからこれを学びとして、
次に絶対幸せになって下さい。

 

 

スポンサーリンク