江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
職場に苦手な方がいる方や、
就職の面接が不安な方へ

江原啓之さんがアドバイスされています。

 

 

職場に苦手な方がいる方へ江原啓之がアドバイス!?

 

 

職場でどうも苦手な50代の女性がいます。
私は、知識がものをいう職場で仕事をしているのですが、
私が知らなかった部分がある時、
今がチャンスと、ここぞとばかりに私のことを見下してきます。

 

 

SEP_355215221321_TP_V

 

 

誰しもミスをするものなのに、
私がミスをすると、わざわざ書かなくてもいいのに、
皆が見ることの出来る、
履歴に私がミスしたことを書いたりするんです。

 

 

 

見なければいいんですが、
それを見るとすごく傷つきます。

 

 

このような人との付き合い方がいまいち分からないのです。
しかし、こういうことの後、
50代の女性は、社長かお客か誰かしらに怒られている気がします。

 

 

 

これは私へ嫌がらせしたことのバチが当たってると
考えていいのでしょうか?

 

 

私は内心ざまぁと思ってしまいます。
バチが当たるとか思ってしまう私の心はダメでしょうか?

アドバイスお願いします。

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

もちろんダメに決まっています。
そういう風な幼稚な考え方だから、
自分に返ってくるんです。
鶏が先か、卵が先かの因果性のジレンマと同じことです。

 

 

 

そういうあなたの雰囲気を見て、
余計に仕返しをしてくるのかもしれません。

 

 

相手と同じ土俵に立ってはいけないんです。
相手も、もしもメールをくれていたら、
あなたのことを同じように書いてくると思いますよ。

 

 

感想!?

 

 

今の考え方を変え、相手の方と同じ土俵には立たずに
苦手な女性との関係が良好になるといいなと思いました。

 

 

嫌がらせされるのは辛くて悲しいと思いますが、
相談者の方が少しでも変われたら、

何かしらお互いの関係性が変わってくるかもしれないので頑張ってほしいなと思いました。

 

 

せっかく働いているのだから気分よく働きたいものですね。

 

 

 

スポンサーリンク