江原啓之さんのおと語りで、
「人からどう見られるかそんなのばっかりの人は、
同じことで苦しむことになります!?」や

 
「子育てと一緒で人というのを
ちゃんと見極めて育てることが大事!?」と話されています。

 

 

江原啓之「人からどう見られるかそんなのばっかりの人は、
同じことで苦しむことになります!?」

 

 

私は一年前に離婚しており、
母にも「帰って来ないで」と言われ、
頼れる身内がおりません。

 

 

KAZUHIRO000_TP_V

 

 

離婚原因は専業主婦になってもお金を貰えず、
貯金を取り崩し、毎日卵かけご飯の生活。
体重もかなり落ちました。

 

 

 

働いたら帰りが遅いと真冬の雪の日に、
40度の熱があっても家の玄関のチェーンを掛けられ、
家に居れてもらえませんでした。

 

 

いろいろ悩んでいましたら、
医師も助言や上司の助言で目が覚め、
離婚しました。

 

 

 

今は会社員として働いており、
資格取得の勉強をしていますが、
最近大腸がんと診断されました。

 

 

母には離婚のことを許してもらえずにいます。

姉夫婦からも恥ずかしいから連絡してこないでと
言われました。

 

 

 

父は学生時代に他界しています。

私は母に病気のことは話さないと決めています。

 

 

後悔しない生き方をする為の
心構えを教えてください。

 

アドバイスお願いします。

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

感情がある内はちゃんとした解決策が見えません。
今どき恥ずかしいから連絡してこないでという家に
生まれたことも学びだと思います。

 

 

 

物質的価値観で、
人からどう見られるかそんなのばっかりの人は、
同じことで苦しむことになります!?

 

 

母親も夫婦の問題なのに許さないのもおかしい。

 

病気になってるからとか関係なく、
自分の人生の終わりは常に見つめておかないといけない。

 

 

お母さんやお姉さんとは距離を置いて、
病気に関してはちゃんと治療する。

 

 

1つずつ理性的に対処すれば見えてきます。

 

 

 

スポンサーリンク