江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
人間関係や将来について悩んでいる方へ、
江原啓之さんが人生の色とりどりの景色を
どれだけ見られるかということと
アドバイスされています。

 

 

江原啓之「人生の色とりどりの景色をどれだけ見られるかということ!?」

 

 

私は、大学で救急救命士を目指す勉強をしています。
昨年大学に入学したのですが、
人間関係・自分の性格・将来について悩んでいます。

 

 

tsuyoshi-31_TP_V

 

 

入学してから、
同じコースの全員からいじられキャラとして扱われ、
それが、本当に苦痛で仕方がありません。

 

 

自分が「やめて」と言えればいいのですが、
そこで何故か笑ってしまうのです。

 

 

それが原因である事は重々承知していますが、
心を保つ為にか理由は分かりませんが、
笑うことをやめられません。

 

 

言いたいことがあっても、上手く文章にできなかったり、
声が出なくなってしまって…そんな自分自身が嫌いなんです。
もう少し頑張れば何か変わるかもしれないと頑張ってきたつもりですが、
最近では我慢の限界に達しているように感じています。

 

 

 

 

そんな人間関係全てを切りたいと思うようになりました。
入学した当初は、救急救命士になって、
消防で働きたいと思っていたのに。

 

 

 

今では、自分は向いていない気がして、
将来がとても不安です。

 

 

母親に相談すると違う道に行ってもいいんじゃないかと言ってくれますが、
今が人生の正念場のような気がしてなりません。

 

 

 

このような理由で逃げたらいけないのではと、
ためらってしまう自分がいます。
自分の限界がわかりません。

 

 

そんなことは、社会に出たら当たり前という話も聞きます。
でも、そんな世界で生きていくのが正直辛いです。
私は自分自身に甘いのでしょうか。
私みたいな人を社会不適合者なのでしょうか。

 

 

アドバイスお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

まず、いじられキャラで、
それで笑ってしまうというのは分かるけれど、
本当に嫌になるのは大事なこと。

 

 

 

するとはっきり「嫌だ」と言えるから。
そのことと、メールの後半の意味はちょっと違うのではないかな。

 

 

自分の表現ができなかったりというところで、
すごく無責任な言い方かもしれないし、
大学生だからなかなか時間もとれないかもしれないけれど、
お休みの時に、旅行や一人旅をしてみたらいかがでしょうか。

 

 

 

そうすると随分と意識も変わると思うんです。
お母さんも心配して言ってくれていると思うけれど、
まず、目指してきたことに向かって、
やってみるというのも、一つの道ではないだろうか。

 

 

ひとまず学校を卒業して、
それから進路を考えたってそう遅くないのだから。

 

 

また、就職を一度してみて、
そこで考えたって遅くないと思いますよ。

 

 

私はあなたのことを思うと、
ここですべてから逃げたら、
今度、そのことをずっと自己嫌悪に陥って生きていってしまうのではないかという気がするのです。

 

 

 

とりあえず、やれるところまでやってみて。
今の若い人は、なぜこんなに生き急ぐのだろうかと思う。

 

 

社会が「急げ!急げ!」と言うのかな、
今の社会がそう感じさてしまうのかな。

 

 

人生、健康でさえあれば、
まだまだ先、生きていけるということを覚えておいてください。

 

 

大事なのは目先のことではなく、
人生の色とりどりの景色をどれだけ見られるかということ。

 

 

心の底から人生を楽しんでと思います。
どうせ、右を見ても左を見ても、
暗いことはいっぱいある。

 

 

あなたは社会不適合者ではないです。
こんなちゃんとした文章を書けるのだから
私はあなたを応援しています。

 

 

人生の景色を楽しんでくださいね。

 

 

感想!?

 

 

皆からいじられるキャラが本当に苦痛と言っていてでもつい笑ってしまう自分が嫌だと。

 

 

いじられキャラは周囲の人たちにとって話を振りやすい、
話の種にしやすいなどの魅力をもった人のことを指すと思うのでそんなに気にしなくても良いような感じがしました。

 

 

 

本当に嫌なのなら1度そういう風にいじるのはやめてほしいと周りに伝えたらやめてくれる気がしました。

 

 

相談者さんが笑っているから嫌がってるとは思っていないと思うので。

 

 

目指していた夢も諦めてしまっては残念だと思うので、
一度勇気を出して自分の気持ちを吐き出してみてほしいなぁと思いました。