江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
お金の使い方が悪く、
常にお金に振り回されている人生の方へ、
江原啓之さんが不幸の三原則の話をされています。

 

 

江原啓之「不幸の三原則!?」

 

 

すごくネガティブな私に、
どうかよきアドバイスをいただけたら幸いです。

 

私は昔からお金の使い方が悪く、
気づけば、常にお金に振り回されている人生です。

 

 

CH9V9A0044_TP_V

 

 

貯めることが中々できず、あればあるだけ使う。
そんなだらしない生活を繰り返してきました。
結婚してもそれは変わることは無く、
主人を亡くしてはや11年が経ちますが、
まったくお金がなく、あるのは身内などからの借金です。

 

 

 

振り返れば、私の使い方が悪く、
今の状況に陥ったので、自業自得なの重々承知していますが、
あの時、きちんと先を考えて使っていればと思っては後悔ばかりの人生です。

 

 

 

 

こんなお金にルーズでだらしない自分が嫌で嫌でたまりません。
この先、私はどう返していけば良いか、
毎日お金の心配ばかりで気持ちも沈み、
苦しくてたまりません。

 

 

 

おまけに今は、体調を崩してしまい、
お仕事も休みがちになってしまいました。

 

 

 

なんとか家族3人、笑顔で暮らせたら、それで満足なのです。
自分を変えたい。変わりたい。

 

 

 

そう思ってこれから頑張りたいです。
ずっと引きこもりだった息子は、
今の住まいに引っ越してきてから明るく前向きになり、
少しずつですが、変わりかけています。
『喜』のある家庭にしたいです。

 

 

アドバイスお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

あなたは原因も、どうしたら良いのかも分かっている。
私のよく言う不幸の三原則がここにありますね。

 

 

自己憐憫、責任転嫁、依存心。働くしかないんです。

 

 

まず絶対に返さねばならないがないんです。
返すのが大変という思いが先になってしまっている。

 

 

例えばあそこまで歩くのが大変と思うよりも、
今の一歩から歩くのを頑張る。

 

 

借りたものは返すしかないのだから、
あなたの気持ちが沈んでも仕方がないことです。

 

 

そういう考えなくても良いような無駄なことを考えているから体調を崩すんです。

 

 

お子さんはお引越しをされてから引きこもりから、
明るくなっていっているというのはとても良いことです。
『喜』のある家庭にしたいという気持ちがあるのであれば、
大々的にスローガンを掲げてみる。

 

 

 

「みんなで借金返すぞー!!エイエイオー!!」というのを
朝の挨拶にするというのも効果があると思いますよ。

 

 

明るく楽しくするのです。
もしもどうしようもない借金になってしまっているのであれば、
破産するしかないんじゃないかな。

 

 

 

一から、更地から始めようと気持ちを切り替え、
身内からの借金はごめんなさい。

 

 

なんとか少しずつでも頑張って返しますと、
繰り上げ返済できるくらいにする。

 

 

家族3人いたら、みんなで働いちゃえばいいんです。
そして毎月これくらい返したらあと○年で返せるねと、
計算を立てる。

 

 

そして返してしまったら、
あとは頑張った分だけ貯金になる。
また返し終わったら何食べたい?などと、
良いことを考える。
それくらい楽しくいかなければダメ。
頑張ってくださいね。

 

 

感想!?

 

 

以前から自分のお金の使い方に問題があって治したいと思っているのに、

 

治らず身内からもお金を借りてしまってお子さんたちにも迷惑が掛かってしまっていて、

 

もっと早い段階で何とかならなかったのかなと不思議に思ってしまいました。

 

 

あったらあっただけ使ってしまっていては、
もちろん貯まるはずもなくこのような結果を招いてしまったと思うのでこれからは気分一新して家族で力を合わせて借りたものを返していく努力をしてほしいなぁと思いました。