江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
付き合っていた彼のことが忘れられない方へ、
江原啓之さんが人が躓く3つの法則を
アドバイスされています。

 

 

江原啓之「人が躓く3つの法則!?」

 

 

5年前の話です。付き合っていた彼が束縛するタイプの人でした。
当時はお互いに好き過ぎるのになぜだか上手くいかなくて、
とても辛かった記憶があります。

 

 

TAKEBE160224230I9A0524_TP_V

 

 

これ以上一緒にいると2人ともいい方向に進めないし、
きっとダメになると思い、別れました。

ですが、彼が私の家に来てかわいそうになり、
受け入れてを繰り返していました。

 

 

 

ある日、彼が暴れた時に誰かに引き離して欲しくて、
彼の母親に連絡しました。

それから彼も母親に止められ、
段々と距離を置くようになりお別れしました。

 

 

 

いつ暴れ出すかわからない不安とストレスで、
正直私は別れたかったのですが、
とても好きだったのも事実で、
まったく連絡が来なくなった時に、
すごく寂しい気持ちになり後悔もしました。

 

 

 

けれど、忘れるよう仕事に没頭し、
会わなくなって半年後、
人伝てに彼が病気でこの世を去ったと聞き、
突然のことで信じられませんでしたし、
信じたくありませんでした。

 

 

 

この5年の間で数人と会ったりしましたが、
好きになれる人は一人もいませんでした。
いつも思うのは病気になった時に、
なぜ連絡をくれなかったのか、
私にどういう気持ちを抱いて連絡してくれなかったのか、
忘れようと思っても、彼のことばかり考えてしまいます。

 

 

 

本当は結婚して家族が欲しいですが、
このどうにもならない気持ちが整理できる日が来るとは思えません。どう気持ちの整理をしたら良いか、
この先、誰かを好きになることがあるのか、
寂しくて苦しいです。

 

 

アドバイスお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

厳しいようですが、
私がいつも言っている人が躓く3つの法則があります。

 

 

自己憐憫、責任転嫁、依存心。

 

 

その苦しみはわかるけれど、
自己憐憫に陥っているのでそこがいけない。

 

 

今この状況、明るく前に向かわなければいけないとは思いませんか。なぜ連絡をくれなかったのかという彼への責任転嫁もある。

 

 

その時その時を込めて生きることが大切なんじゃないかな。
悔やんではいけません。

その時、懸命に生きて出した結果なのだから、
必要以上に自分を責めないことです。

 

 

 

 

もしかしたら病気が彼をそうさせていたのかもしれないし。

彼も自分のしたことに対する罪も感じていたから、
大我の愛で、これ以上あなたを苦しめたくなくて、
あなたの愛がよく分かっていたから返って連絡しなかったということもあると思うのです。

 

 

彼なりのやさしさの愛を受け入れてあげて、
あなたはまた新たな愛に進んでいかれたらいいのではないでしょうか。

 

 

感想!?

 

 

相談者さんの希望で彼とお別れしたのに、
もう会えないとわかると、
悲しくなりなぜ連絡をくれなかったのかと
思ったりちょっと勝手なんじゃないかと思ってしまいました。

 

 

きっと彼の優しさであなたにこれ以上辛い思いをさせないために選んだことなんじゃないかなと思いました。

 

 

相談者さんも決して間違ったことをしたわけではないと思うので、

落ち込まずに前を向いて歩んでほしいなぁと思いました。

 

 

 

その方が彼もきっと遠くから見ていてくれて安心出来ると思うので。