江原啓之さんが、波長の法則 類は友を呼ぶや
カルマの法則 因果の法則について話されています。

この法則を覚えるだけで幸せになれるそうです。

 

 

波長の法則 類は友を呼ぶ!?

 

 

私の周りにどうしてろくな人がいないの?
あなたがろくでもない人だからです。

 

 

SAYA072155409_TP_V

 

 

自分の周りに起きる出来事、人、
いろんなことで何か問題があるなと思ったら、
自分自身の波長が乱れているな、

自分自身が問題あるなと思わなければいけない。

 

 

 

例えば嫌な争い事を見てて、
見ちゃったと思っても、
自分の中でも不平不満という意味では同じだなとか、

それを正直に表してる人たちだけだということだったりする。

 

 

 

その自分の波長というのは何かというと、
スポンジを見るための鏡を引っ張てくるガイド。

料理が上手な人は素材を知ってる人だと思う。

素材を熟知するから素材を活かせる。

だから素材を無視して料理はできないと思う。

 

 

 

 

自分のスポンジケーキに、
より良いデコレーションをするには、
スポンジを知らなきゃいけない。

 

 

 

 

自分のスポンジを見るためには鏡が必要。

それを持ってくるのは、
波長の波長というガイドが
嫌なものをいろいろ見ても、
あなたの中でもこんなスポンジな部分があるよと見せてくれる。

 

 

 

 

自分の周りに起きることを
見過ごすことはできない。

全てそこに自分が成長できる
メッセージがある。

自分の魂も鏡で見よう。

 

 

全ては自分の責任主体!?

 

 

 

だから被害、被害と、
いろんなことを被害遭ったというけど、
その被害に遭う自分の何か間違い、
弱さを示している。

 

 

 

波長の法則を知れば、
たとえどんな因縁がましい家で生まれようが、
どんな災いがあった土地に住もうが
自分の波長が高ければ絶対にそこと感知することはない。

 

 

スポンサーリンク