江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
息子が学校へ行かずゲームばかりして、
悩んでいるお母さんへ、
江原啓之さんがアドバイスされています。

 

 

息子が学校へ行かずゲームばかりして悩んでいるお母さんへ江原啓之がアドバイス!?

 

 

中学2年の息子のことでご相談です。
春から学校に行っておらず、
勉強をしてるそぶりも全く無く、
ゲームをしたりYouTubeを見るの繰り返しの毎日です。

 

 

gameIMGL9025_TP_V

 

 

対処法を本を読んだりすると放っておけと書いてあるし、
あまり口うるさく色々言わないように
気を付けて過ごしていました。

 

 

 

でもある時、お昼過ぎまで寝ている息子に
イライラしてしまい
どれだけ心配していると思っているの?

 

 

 

なんで学校へ行かないのよ?
これから勉強はどうするつもり?と、
言いたいことをつい吐き出してしまいました。

 

 

 

すると息子はお母さんが以前、
好きなことだけやればいいって言ったから、
その時その時に、やりたいって思ったことをやっているだけ。

 

 

勉強なんてやっても意味がないと思う。

人間の存在する意味なんてよく分からないし、
全部、後付けで無意味だと思う。

 

 

 

自分の存在意義もないと、
独自の理論を私にぶつけてきて、
とても頑ななのです。

 

 

 

私はゲームは、本当にやりたいことなのか?
今は、色んな経験をして、その中から、
本当にやりたいことをみつける時期じゃないの?と、

投げかけましたが、息子の心には響いていない感じです。

 

 

 

 

もう、いつまでこの真っ暗で先の見えない
トンネルにいなくちゃいけないのか。

 

 

 

まさにお先真っ暗とはこのこと。
そろそろ私の我慢も限界です。

 

 

そんなの放っておいて、気長に見守ってと、
言われるのを覚悟でメッセージしましたが、
そこをなんとか分かりやすく

アドバイスお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

私から言わせれば、
あなたも息子さんと一緒です。

 

 

あなたが息子さんに思っていることを、
私はあなたに思ってしまうな。

 

 

放っておけとは言わないけれど、
この葛藤が大事なんです。

ここでもうひとつ大事なのは、
お母さんもしっかり頭を使うことです。

 

 

 

お母さんの問題点は、哲学がないということです。
意外と息子の方が考えているように感じます。

 

 

 

息子さんに聞かれたとき、
あなたが人間が存在する意味について答えてあげて下さい。

 

 

母親というのはそういうことを言われると
減らず口ばかりきいて!生粋なことばかり言って!と
感情論になる。

 

 

 

そもそも人間の存在する意味とは
何なのかということについて問答する。

 

 

忘れてはいけないこと。
それは、みなさん“自分が子育てしていると思っていますよね。

 

 

実は子どもは親育てもしてくれているんです。
こういうことでもなければ、
親は、のうのうと生きてしまうでしょう。

 

 

 

生きるとは何かということを親も考えるいい機会です。
そもそも、与えるばかりだと思う心が傲慢なのです。
結構、子どもにも学ばせていただいていますよ。
私も親ですから、みなさん、励まし合いましょう。

 

 

感想!?

 

 

私にも娘がおります。
まだ小さいので人間の存在意味を
聞いてくることはありませんが、

 

 

この先、もし聞かれても上手く答えられる自信がありません。

 

 

いつか聞かれるかもしれないその時までに、
子供に納得してもらえる説明ができる
母親でありたいと思います。

 

 

江原さんがおっしゃるように、
日々の生活で小さな娘にでさえも
色々と私たち大人が教えてもらうこともたくさんあります。

 

 

これから子供と一緒に生きるとは
何か考えられたらいいなと思いました。