江原啓之さんのラジオ番組「おと語り」で、
ずっとゲームをしている息子を心配する母親へ、

 
江原啓之さんが学校には行かなくてもいいが
その代わり規則正しい生活と
家でちゃんと勉強しなければいけないと
アドバイスされています。

 

 

江原啓之「学校には行かなくてもいいがその代わり規則正しい生活と家でちゃんと勉強しなければいけない!?」

 

 

中2、小6反抗期真っ只中の男子2人のシングルマザーです。
上の子は学校にはいってませんが、
落ち着いてきていて、笑顔で会話したり、
朝は2人で散歩に行けたりしています。

 

 

 

ただ、昼間はずっとゲームをやっているのですが、
オンラインで仲間と話しているその会話が聞いていてとても悲しくなります。

 

 

gameIMGL9025_TP_V

 

 

ゲーム上で嫌がらせする相手をすごい言葉で罵ったり、
悪口言ったり。

 

 

上の子は、大変大人しく人前でベラベラ話すことが苦手で、
学校ではほとんど1人という子だったので、
オンライン上で、学校の同級生と遠慮なく会話しているのを見ていると、
彼には今はゲームの世界が自信をもって過ごせる居場所なのかなぁ?とプラスに思う反面、
言っている事がすごくワガママで、
傲慢で聞いていると、とてもヒヤヒヤしてしまいます。

 

 

 

これも私の育て方が悪かったのかと思うのですが、
これから先、彼がゲーム以外の世界で自分の居場所を見つけられるように願うのと、
この汚い言葉使いはどうしたら良いのでしょうか?

 

 

アドバイスお願いします。

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

江原啓之さんのお答えは!?

 

 

ゲームの世界にはまっている子、とても多いですね。
これも私の育て方が悪かったのかと思うのですがというお母さまのお気持ちは分かるけれど、
オギャーと生まれた時から性格・個性は誰にだってある。

 

 

 

その個性をどういうふうに伸ばしていったらいいのかということだから、
多少の責任はあるといえばあるけれど、
それはまず今回の件では置いておいた方がいい。

 

 

それにどこの家でもお母さんは、
息子が可愛いもの。

 

 

 

この文面の中に溺愛しているのが見える。
中2のお子さんに対して居場所だからなどと考えるのはまだ早いと思います。

 

 

選択は本人がすること。自己責任ですからね。
けれど、善いことと悪いことだけは教えて言っておかなければならない。

 

 

言っておいて、それでも息子がやるということは、
分かっていてやっていることなので後は見守るだけ。

 

 

必ず自分で自分を見つめることはできるはず。
そこは最後まで信じてあげることが大事。

 

 

けれど、おかしいことはおかしいときちんと言わないといけない。
大人がお前はおかしいダメなものはダメと言っておかないと、
自分を見つめないと思うんです。

 

 

 

私は学校には行かなくてもいいと言っていますが、
その代わり規則正しい生活と、
家でちゃんと勉強しなければいけないと思っています。

 

 

 

学校に行かず遊んでいる子はいっぱいいるが、
それは遊ばせる親がいけない。

 

 

一日中遊ばせるのではなく、
普通に学校に行っている時と同じで、
この時間から遊んでくださいとする。

 

 

規律は正していかないとこの先社会で通用しなくなる。
教育は大事ですからね。

 

 

いけないものはいけないと、ハッキリ言ってくださいね。
言い返されたとしても、
心に留まっていればいいということなのです。

 

 

感想!?

 

 

言葉はとても大事だと思うので、
たとえゲームの中だったとしても汚い言葉遣いをしているのは治した方が良いんじゃないかと思いました。

 

 

言霊という言葉があるように、
人間発した言葉でいくらでも変わると思うのでマイナスな表現ばかり口にしていて、
良いことはこれっぽっちもないと思うので。

 

 

反抗期でしかも男の子となると、
手に負えないというイメージがありますが、

 

自分の子供のためにも恐れずに良いことは良い。

 

 

 

悪ことは悪いとしっかり子供に言える親でいることが大事なんだと思いました。